むくみをなくして脚痩せするための3つのコツ

むくみは余分な水分、老廃物が蓄積されてしまっている状態です。そのまま放置しておくと、脚が太く、膨張したように見えてしまいます。
また痛みとも、疼きともつかないような不快感に見舞われることもあるので、早めに解消することが望ましいです。

脚痩せするための3つのコツ

むくみをなくし、脚痩せするためのコツですが、まずは脚に筋肉を付けることです。
特にふくらはぎに筋肉を付けると、そこにある、老廃物や余計な水分を上半身へと押し戻しているポンプ機能が向上し、むくみの解消が期待できます。更に筋肉が付くことで、健康的な美しさのある美脚になることも期待できます。

 

それからできるだけ同一姿勢でいることを避けるのも、むくみ解消、脚痩せのためのポイントです。
長時間、同一姿勢で居続けると、筋肉の緊張が余儀なくされてしまいます。
筋肉が緊張すると血管も収縮しやすくなり、老廃物や余計な水分の回収が行われにくくなり、むくみが発生しやすくなってしまいます。また血流の滞りによって代謝が下がるので、脚痩せと言う点から見ても、長時間、同一姿勢でいることは望ましいことではないと言えます。

 

そして最後のコツは、脚をしっかりと休めることです。
脚に疲労が蓄積された状態だと、むくみは発生しやすくなります。ですからその日の脚の疲れは、その日の内に解消すると言う意識を持つことが求められます。

脚痩せ効果を上げるポイント

それぞれのコツにおいて必要なこととしては、まず筋肉を付けるためには、こまめに脚を動かすような運動をすることが効果的です。
ウォーキングや早歩き、脚上げ運動などはとても良いと言えます。また同一姿勢でいるのを防ぐことに対しても、こまめに脚を動かすのは効果的なことです。
表だって体を動かすのが難しい場合は、その場で脚の先を動かすだけでもずいぶんと変わってきます。またもし可能であれば、水分補給をするのも血流促進につながるので望ましいことです。

 

最後の脚の疲労回復ですが、これは入浴やマッサージを行うと良いです。
壁に向かって寝そべり、垂直に上げた脚を壁に預けると言う方法を行うと脚がすっきりとします。
この3つのコツを継続していけば、むくみの解消と共に脚痩せへの効果が期待できます。