脚痩せに挫折しそうになったらメソセラピー

脚はセルライトが蓄積していることもあり、運動をしても脂肪が落ちにくいです。
上手くリンパマッサージをすれば老廃物や水分を押し流すことはできますが、素人には難しく蓄積した脂肪までは落ちません。
ダイエットに挫折しそうな場合は、メソセラピーを受けることを検討すると良いです。

メソセラピーとは?

メソセラピーとはヨーロッパなどで行われている治療方法で、最近はダイエットにも役立つと日本の美容クリニックでも多く取り扱うようになりました。
メソセラピーでは脂肪を溶かす薬を皮下脂肪に注射します。メスや吸引器などを使わないので、患者の負担が小さいです。
脂肪を溶かす成分には大豆に含まれるレシチンを使うことが多いです。レシチンは脂肪細胞内でコレステロールと中性脂肪の代謝を調節し、中性脂肪を腸管に送って排出させます。
脂肪細胞そのものを減らす効果があるため、リバウンドしにくいです。

メソセラピーの効果

注射は5分~10分あれば終了し、注射薬には麻酔も入っているので痛みへの心配も不要です。
個人差はありますがセルライトが多く蓄積した脚でも、回数を重ねるごとに効果を実感していきます。
ほとんどの人が6回くらい打つと満足しています。
ダウンタイムとして1週間くらい筋肉痛のような痛みを感じることもありますが、日常生活に問題は出ない程度なので長期休みを取らなくても施術を受けられます。

メソセラピーの効果を高めるポイント

メソセラピーの効果を高めるのにマッサージがおすすめです。マッサージをすることでレシチンが脚全体に広がって効果を発揮します。
血行を良くすることで痛みが和らぐこともあります。また脂肪細胞は尿と一緒に排出されるので、水分補給も大切です。

 

注射は1本2万円くらいですが、自由診療なのでさらに高く設定しているクリニックも珍しくありません。
反対に非常に安い価格設定だとレシチンではなく似た作用の安い成分を使っている可能性があります。
価格が高くても初回限定でお試し価格を用意しているクリニックもあります。